抜け毛

育毛剤の使い心地と使用原料に関して

育毛剤は今や沢山の会社が開発しているので、どの育毛剤がいいのかと悩んでしまう方が多くなっているのが現状で、なかなか自分にあったものに出会えないという方が多いのです。
育毛剤を効果的に使用するには自分にあった頭皮環境で使用できる育毛剤を選ぶ事で、それは構成されている原材料と使い心地で決める事が出来るのです。
使用されている原材料は様々で、主に血行促進タイプ、毛母細胞活性化タイプ、脂質除去タイプ、頭皮の炎症抑制タイプ、栄養補給タイプ、保湿タイプの6タイプに分けられるのです。

その詳細を原材料ごとに分けると以下になります。
血行促進タイプ
塩化カルプロニウム、苦参(クジン)エキス、セファランチン、センブリエキス、ニコチン酸ベンジル、ニンジンエキス、ビタミンE。

毛母細胞活性化タイプ
チクセツニンジン、ビチオン(ビタミンH)、ペンタデカン酸グリセリド

脂質除去タイプ
イオウ、カシュウ、ビタミンB6

頭皮の炎症抑制タイプ
グリチルリチン酸ジカリウム、β-グリチルレチン酸

栄養補給タイプ
亜鉛、アセチルメチオニン、イノシトール、塩酸ピリドキシン、L-セリン

保湿タイプ
アルテア抽出液、アロエ抽出液、イチョウ葉エキス、オトギリソウエキス、海藻エキス、キトフィルマー、キナエキス、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウム

この成分を含んでいる原材料が使用されているのです。
そして、この中から自分にあった環境の物を選択する事で、自分に合ったものを選ぶ事が出来るようになるのです。
これが原材料と使い心地で、しっかり把握する事で育毛剤の効果を出す事が出来るようになります。

このページの先頭へ