抜け毛

育毛剤にも医薬品と医薬部外品に関して

育毛剤には成分によって医薬品と医薬品外品という仕分けがされており、医薬品の育毛剤は薬剤師の資格を持っている方の説明が必要で、医薬品外品は薬剤師の説明はなしで購入出来ます。
このように医薬品と医薬品外品と仕分けをしてあるのは、成分によってはアレルギー反応など、しっかりと理解を深めておく必要があるからです。
そんな育毛剤の医薬品と医薬品外品の違いでわかりやすいのは、ミノキシジルの配分量で3%や5%でわかれており、これはどちらも薬剤師の資格を持っている方の説明が必要になります。

それはミノキシジルが、男性の機能を低下させるなどの副作用の心配が個人差があるのですが、全ての方に出る可能性はないのですが、副作用の心配があるので説明が必要なのです。
しかしミノキシジルは育毛効果が、他の成分より高く、育毛に期待が持てる素晴らしい成分なので、副作用をしっかり薬剤師の説明を受けて使用する事が欠かせないのです。
それ以外の海藻エキスなどの頭皮に栄養を与える役目だけを持っている成分の場合は、薬剤師の説明が必要ない医薬品外品になるのです。

医薬品や医薬品外品のどちらを使用するかは、薬剤師の説明を受けて考えると自分に合ったものを選ぶ事が出来ます。

このページの先頭へ